雇用のための面会において

人事担当者は、設置に差しかかるランクのどこかできっちり会談を行います。会談を突破しなければ、設置にこぎつけることは先ずありません。会社によっては性質診察や筆記チャレンジが行われますが、その人がどんな人で、どういった考えを持っているかは弾き知れません。ストレート会って話をするため、その人がどういったイメージをしている人なのかを判断するのです。リーダーや、リーダーなど、その会社で重要な立場における人が会談に訪れることもあります。最初は人事担当者との会談、次はリーダーや次長との会談、最後にリーダーやエグゼクティヴとの会談という形で会談が貫くこともあります。ますます、会談官といった仲間が一対一ということもあれば、3対3などそれぞれがたくさんということもあります。4~5人の採用担当者が、1人について行なう会談もあります。どんな場合でも、会談官周辺が質問し、それに対して回答するという姿になります。会談でおっしゃることは、熱望事由、どんなことに興味を持っているか、学生時代に何をしたかだ。少人数のジャンルをつくり、各ジャンルごとに討論をしてもらうジャンル打ち合わせ形式で、仲間を前もってふるい落とすような先もあります。会談の場で取り去りられる主題は、その企業によってまちまちです。そのため皆は、事前にその傾向を調べて置き、ゲームにそなえて結論を練っています。
メイミーホワイト60